パザンコールウォッシュのこだわりの実力の秘密を暴く

パザンコールウォッシュのこだわり製法を一から紹介。

パザンコールウォッシュという商品はこだわりの塊りですね。

 

パザンコールウォッシュのこだわり話し

 

最初酵素風呂から着装を得て、創意工夫と試行錯誤を繰り返してなんと15年もの歳月をかけて完成させたのがパザンコールウォッシュというこだわり商品。

 

米ぬかって生き物だから大変。
発酵と腐敗は紙一重なんだそうですね。
だから1日たりとも目が離せないそうです。

 

365日毎日1日も欠かすことなく、人間の手で発行させるという気の遠くなるような手間暇が必要なのです。
こんな理由から機械化することもできないのです。

 

パザンコールウォッシュの価格がある程度高価となっている理由が読みとれます。

 

パザンコールウォッシュの販売元が、

 

「こだわり抜いた自信から毛穴やくすみの年齢肌の悩みに期待できます。これまで洗顔石鹸で実感できなかった効果を、是非体幹していただきたい」

 

といっているのも納得できてしまいます。

 

確かに15年って長いですよね。

 

15年の長きにわたって長期熟成させた底力があるわけです。
積み重ねの偉大な力にはだれも勝てません。
真似しようとしてもできない、一朝一夕でできない効果だからこそここまで話題にあがり25万人もの人から指示を受けているのです。

 

日本古来の素材にこだわったそうです。

 

こんなよく聞く話があります。
あなたも1度や2度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

「海外で人気!」とか「海外セレブも使っている!」などの広告文句に乗せられて、外資系のスキンケアを選んで失敗したという話。

 

欧米人向けの化粧品の場合、日本人のデリケートな肌には成分が強すぎて合わないとか、日本人向きでない成分が配合されていたりします。

 

日本人が古来から住んでいる国土で育つ米ぬかを使用し、日本人本来の保湿力を生み出すという考え方は共感できます。

 

米ぬか

 

米ぬかにはビタミンEやセラミドが含まれており、まさに美肌の味方ともいえる素材です。

 

酵素風呂からヒントを得たという話ですが、米ぬかに目を付けた鋭さに驚かされます。

 

昔からよく言われる言葉に”ぬか漬けを作る女性の手は美しい”と言うのがあります。
まさに妙を得ていますね。

 

古人の知恵で昔からよく言われる言い伝えは、実際にその現象が起こるから言われ続けているわけです。

 

事実ぬか漬けを作る女性の手が白く美しいことから言われつづけている言葉であり、米ぬかは美白効果があり、美容に良いものとして知られていたのです。

 

米ぬかは古い角質を落とす成分を持ち、豊富な栄養素が保湿やなめらかさ期待させる素材だったんですね。

 

そして有効素材である米ぬかを発酵・熟成することで発酵米ぬかをとし、酵素が作られたのです。

 

この酵素が肌に有効な働きをするのです。

 

米ぬか酵素は分子が小さいため、肌の奥にまでアプローチでき、リズムを整え、くすみや毛穴の目立たない美しい肌に導いてくれるのです。

 

発酵方法

 

部位別大人ニキビ部位別大人ニキビ

 

パザンコールウォッシュの米ぬかは、15年間の熟成・発酵させた米ぬかを種菌としています。

 

一流料理店のスープなどが長年加えられた伝統の味となり、決して他店では真似のできないその名店独自の味となっているのと共通する話です。

 

毎日3%の新しい米ぬかを加え、黒砂糖や蜂蜜を加えながらさらに6ヶ月熟成と発酵を進めるそうです。

 

実績に裏付けされたもはや伝統のこだわり技です。
このようなこだわり製法による伝統技術で私たちはありがたい恩恵を得ているわけです。

 

1度は使ってみたい化粧品と言えますね。

 

部位別大人ニキビ


 

関連記事はこちら